トレーニング

筋トレはタンパク質を意識することで効果が倍になる!

筋トレ後にプロテインを飲む事は一般的ですが、飲む量や飲むタイミングを意識していますか?

この記事ではプロテインの重要性について解説します、筋肉の成長効率の助けになればうれしいです。

筋トレはタンパク質を意識することが大事!

タンパク質を意識する事で脂肪の増える量を抑えつつ、筋肉量を大きく増やすことができます。

僕が筋トレを始めたばかりの頃、何も考えずにプロテインだけは飲んでいました。

しかしたんぱく質を意識していなかったばっかりに、筋肉の成長効率がとても遅かったです。

タンパク質が必要な理由

人間の体はタンパク質からできているので、必ず必要です。

ありとあらゆる臓器、女性の気にしているコラーゲンもタンパク質からできています。

そして人間の体は常にタンパク質の分解、合成を繰り返しています。

つまり、体の材料であるタンパク質を摂らないと筋肉は増えないということです。

タンパク質が不足すると

タンパク質が不足した状態で筋トレをすると筋肉は減少します。

筋トレは筋肉を破壊して再生すると同時に大きくなるので、

トレーニングをした後に筋肉の材料であるタンパク質が不足するということは、

筋肉を作る事ができないということです。

そうなると、筋肉は分解されている状態なのでタンパク質が無いと筋肉が減るだけになってしまいます。

筋トレ中のタンパク質の1日摂取量の目安

成人の方なら1日のタンパク質の必要摂取量は体重×1gと言われています。60㎏の人なら60gですね。

筋トレやフィットネスをしている人なら体重×1.5gから2gのタンパク質が必要となってきます。

筋肉を増やすために、トレーニングをしているのでタンパク質を多く摂るのは理にかなってますね。

タンパク質を摂るならプロテイン

プロテインだけを補おうと思うとプロテインしかありません。

今までのご飯にプラスしてプロテインを2,3杯飲むだけで大きく変わってきます。

平均的な食事量であればプロテインを加えるだけで必要摂取量は満たせます。

タンパク質を食事だけで補うには

仮に肉だけで補おうとおもったらステーキ400gでたんぱく質120gです。

一般的に食事で摂る事ができるタンパク質の量は50g~80gです。

大食いの人ならまだしも、食事の量を増やすとなると準備も食べるのも一苦労です。

なので、必要摂取量の不足分はプロテインで補いましょう。

タンパク質を食事だけで補うデメリット

食事だけでタンパク質を補おうとすると、同時に脂肪や糖質も一緒に摂る事になってしまいます。

脂肪をあえて増やしたいと思う人なら別ですが、ほとんどの方は筋肉だけを増やしたいはずです。

やはりプロテインの効率には勝てません。

プロテインを摂るタイミングについて

基本的には朝昼晩の食事、寝る前、後はトレーニング前後にプロテインを飲みます。

タンパク質は一度に大量に摂取しても体に吸収されないので、普通の食事と同じタイミングが良いです。

トレーニング前後のプロテインですが、以前はトレーニング直後がベストと言われていました。

しかし、最近の研究ではトレーニング中に筋肉が分解され、その分解された筋肉をエネルギーに使う事が分かっています。

つまり、トレーニング前にプロテインを飲む事で、筋肉をエネルギーに使う事を抑制できます。

朝食はプロテインだけ

ダイエットをする場合はプロテインだけもありです。

僕は朝食が食べられないので、代わりにプロテインだけを飲んでいます。

食欲は無くても体は栄養不足になっているのは間違いないので、プロテインで筋肉の分解を抑える事ができます。

ダイエット筋肥大が目的なら食事は摂れるなら取った方が良いですね。