臨床工学技士

臨床工学技士を30代、40代で目指しても大丈夫な話

30代、40代で臨床工学技士なろうか迷っている方へ

今から目指しても大丈夫です、安心してください

僕も30過ぎで専門学校へ入って、現在は病院で臨床工学技士として働いています

学校生活や、就職活動について不安になっている方がこの記事を読んで参考になれば嬉しいです

臨床工学技士を30代、40代で目指しても未来は明るい

僕は30才を超えて臨床工学技士を目指しても大丈夫だろうか、かなり悩みました

苦労はしましたが、臨床工学技士になって良かったと心から思っています

年齢で不利な面はあります

そして自分の理想とは少しかけ離れるかもしれません

ですが、臨床工学技士となった今ではとても満足しています

今から臨床工学技士を目指そうか迷っている30代、40代の方への後押しになると嬉しいです

臨床工学技士として30代、40代は就職できるのか

国家試験に受かり、臨床工学技士として働く場合に就職先があるのか不安かと思います

新卒の30代、40代ともなるとかなりの不安ですよね

結論から言いますと、選ぶ事はできないが就職はできます

都市部や地方でも変わってきますが、都市部だと病院への就職はかなり厳しいです

地方なら病院でも就職先はあります

都市部の病院への就職は、若い子ですら倍率が高いです

20代の成績優秀な人しかいけません

都市部の30代、40代の主な就職先は、透析クリニックや医療機器メーカーになります

就職先として病院やクリニック、医療機器メーカーの違い

それぞれにメリット、デメリットが存在します。

病院のメリットデメリット

様々な知識やスキルを学ぶ事ができるのが大きなメリットです

デメリットとして給料はクリニックに比べて基本的に安いです

伸びしろは病院の方があります

他にもオンコールと言って夜中に呼び出しがあったり、病院によっては夜勤もあります

病院へ就職できたとしても、自分のやりたい事ができないという話はよく聞きます

業務内容が専属なのか、ローテーションなのか、病院のシステムを就職前に把握したいですね

透析クリニックのメリットデメリット

大多数の方はクリニックよりも病院に就職したいと思っているはずです

クリニックのメリットは給料が高いという事、プライベートが確保できることです

緊急で透析患者が運ばれてくる事がないので、夜も安心して眠る事ができます

そして週の半分は午前中だけの勤務の所が多いです

給料も高いし、勤務時間も短いので考え方によっては最高ですね

患者さんは透析していること以外は健康なので業務内容が単調です

そして患者さんとのコミュニケーションが大変と言われています

患者さんは週3回、4時間も拘束されて、毎回太い針を2つも刺されています

かなりのストレスを抱えているので、そのストレスがスタッフにも飛んできます

もちろん人にもよりますが、患者さんの気持ちを察すれば仕方のない事だと思います

将来的に僕はクリニックへ行きたいと思っています

医療機器メーカーのメリットデメリット

給料は高いです、医療機器メーカーから臨床工学技士を目指して学校へ入学した友人もいます

その友人は臨床工学技士として大きな病院で働いていますが、メーカーの方が給料は良かったそうです

でも精神的には病院で働く方が楽と言っていました

臨床工学技士として経験を積んで、医療機器メーカーへ行く人もいます

医療機器メーカーへ行く人は頭がかなり良いイメージがあります

営業職が合うか合わないかで変わってくると思います

メーカーの人に対して上からものを言う人とかいますからね

医療機器メーカーに就職するには学歴が必要なのかは分かりませんが、僕の知る限りみんな良い大学を出ています

就職した後はどうなのか

僕の病院では臨床工学技士の同期が3人いました

みんな現役で、ひと回り以上も年下です

もちろん年下の先輩もいて、お互い気を使っています

仕事がやり難いとかは僕自身は思っていません

辛いのは他部署の人に中途採用だと思われることです

質問されても分からない事だらけなので、自分でも考えるフリだけして所持しているPHSで先輩に聞いていました(分からないと言える人間になりたい)

年齢を重ねていると、若い人に修得する早さでは勝てません

勉強がかなり必要です

臨床工学技士の学校の選び方

臨床工学技士になる為の学校には大学、3年制4年制の専門学校、2年制3年制の夜間、1年制とあります

1年制に入るためには、大学卒で指定単位を持っている、他の医療国家資格を持っていることが条件です

僕は入学要綱を満たしていたので、1年制へいきました

臨床工学技士学校・養成所 一覧

年齢層

僕のいた1年制は、20数名のクラスで僕を含め30代以上は5名いました

大学卒の現役生も5名いました

平均年齢は20代後半です

男女比は男性が7割、女性3割です

夜間クラスと一緒に授業する事もあったのですが、夜間の方が30代以上は多いです

働きながら頑張っていました

大学や専門学校の3年制、4年制は現役が多いです

クラスの人数も多い分、30代の比率は少ないですね

クラスの雰囲気

昼間部は現役生なので高校生のノリをそのまま持ってきた感じです

夜間は年齢層も高く、仕事終わりで疲れている人も多いので常に静かです

1年制は授業は静かだけど、休み時間は賑やかでした

ほとんどが社会人を経験しているのでオンオフがはっきりしています

迷ったら学校見学へ

パンフレットなどはホームページで見る事ができるので、学校見学へいきましょう

その時に面談もあると思います

僕はかなり厳しい事を言われました

「30代以上は就職するのが難しい、就職先は透析施設だけ、年齢的に勉強についていくのが大変、なぜ今になって臨床工学技士になりたいのか」

どうして入学を引き留めるような事を言うのか疑問に思いました

それと同時に初対面で厳しい事を言ってくれた事で信用できました

言われた事は、今になって思えば全部正しいです

意思の強さと覚悟を確認したかったのだと思います

学校生活

色々不安に思うことはあると思いますが、入学してくる人は全員同じ気持ちです

友人関係はどうにでもなります、気にしないで大丈夫です

問題は勉強です

ここで初めて年齢をつきつけられます

若い人には勉強で勝てません

30代の人だけ全員赤点で居残りさせられました

10年以上も勉強から離れていると全く知識が無い状態からのスタートと同じです

結果的に最初は赤点でも30代以上の人は全員国家試験に受かりました

まとめ

30代、40代の人はそれなりの覚悟をもって入学するわけですから、国家試験は間違いなく受かります

入学してしまえば臨床工学技士になったも同然です

後は入学するか、入学しないか

それだけです