臨床工学技士

臨床工学技士になるには【どんな職業?】

臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理の操作と保守点検を行うことが仕事です。

生命維持管理装置ってなに?

呼吸、循環(心臓)、代謝(おしっことか)の機能の代わりで、補助する事が目的の機械です。

かっこいい。僕は臨床工学技士として働きながら常々思っています。かっこいい。

人の命にかかわるので、責任がとても大きい分、やりがいはあります。

給料は安いので、内心キレながら臨床工学技士を紹介したいと思います。

臨床工学技士になるには

国家試験の合格率は70~80%です。本気出せば誰でも受かるやつやん。

臨床工学技士国家試験に合格する必要があります。

受験資格は、大学や専門学校で3年以上、臨床工学技士としての知識や技能を学ぶことです。

他にも、条件を満たしていれば1年で受験する事も可能です。

僕は1年コース。かなりきつかった。メンタルやられて最後の半年は感情なくしました。嘘だけど。きついのは本当。

臨床工学技士の1年課程ってどうなの?

国家試験の特徴として、他の医療職と比べて計算問題が多くあります。

大学受験レベルの数学、物理、情報ができれば大丈夫です。

他にも電気や電子などを学ぶ必要があります。ストレス。

仕事の内容

就職先は、病院、クリニック、医療機器メーカーが主です。

人工心肺装置や、人工透析装置、人工呼吸器、心臓カテーテル、内視鏡など、

小さな機械だと、心電図モニターや輸液ポンプなどの点検をします。

患者さんとは直接関係の無い裏方の仕事も多いです。

勤務先で業務は違うの?

全然違います。

全ての病院が、全ての業務を扱っているわけではないので、自分のやりたい事に合わせて就職先を選ぶ必要があります。

大病院では全ての業務を行っていると思いますが、携わる事ができるかは分かりません。

現場では、医師はもちろん看護師や他の医療関係者と連携を取りながら、仕事をすることになります。

働き方と生活

病院では24時間体制で患者さんに対応します。

夜勤のある病院もあれば、オンコールで電話で呼び出されたりと、病院によって勤務体制は異なります。

診療所やクリニックなどでは人工透析がメインになり、大体のスケジュールが決まっているので、残業も少なくプライベートは確保しやすいと思います。

僕も将来的には診療所やクリニックなどに行きたいと思っています。

勤め先のドクターが独立する時に、引き抜いてもらえないかな、と妄想してます。

向いている人適正

誠実(勤勉性)であることはとても重要です。

医療に関心があり、知識、技術や冷静さ機敏である事が求められます。

機械が好きであること、臨床工学技士は病院内でMEやCEと呼ばれます。

いわゆるエンジニア、医療機器の技術者です。

年収・給与・収入

年収は高くありません。

臨床工学技士は日本の平均年収と大体同じで400万~450万くらいです。

国家資格の医療職としての安定性はあります。

転職も一般企業よりは容易だと思います。

資格

必須資格・・・臨床工学技士

キャリアアップを目指すための資格

  • 血液浄化専門臨床工学技士
  • 不整脈治療専門臨床工学技士
  • 呼吸治療専門臨床工学技士
  • 高気圧酸素治療専門臨床工学技士
  • 手術関連専門臨床工学技士
  • 内視鏡業務専門臨床工学技士
  • 心・血管カテーテル専門臨床工学技士

関連した資格

  • 第1種ME技術実力検定試験
  • 第2種ME技術実力検定試験

他にも看護師なども取れる資格があります。

将来性

現状だと高齢化の波でニーズは高まると思っています。

しかし、医療技術が進歩する事によって、機械の操作が簡単になったり、糖尿病などが完治できる時代がくるかもしれません。

正直、臨床工学技士は歴史が浅いので伸びしろは大きいと思っています。

僕自身も臨床工学技士の将来には期待しています。